1.初めて猫を迎え入れる

(1)生まれたばかりの子猫を保護した場合

  • 保温に気を配る
  • 食事: 1日8回程度の猫用ミルクを与え、生後2~4週後を目安に離乳食を与える
  • 排泄: 食後にぬるま湯で湿らせたガーゼ等で肛門周囲を刺激(→母親の代わり)

(2生後2ヶ月近くの子猫を迎え入れた場合

  • 駆虫薬の投与
  • 動物病院において健康診断
  • ワクチン接種
2.環境作り
  • 快適に眠れる場所の確保
  • 十分な運動量の確保
    →例)キャットタワー(違い棚・木登り用ポール)の設置
  • 清潔なトイレの設置
    →トイレの数は飼養数+1を設置するのが望ましい
  • 新鮮な水の用意
  • 栄養バランスがよい食事
  • 爪とぎ板の用意
  • グルーミングができる落ち着いた場所の確保
    など
 3.毎日の生活

(1)屋内飼養の努力

  • 感染症・交通事故の予防
  • 糞尿・鳴き声など近隣への迷惑防止

「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」においては、「ねこの所有者等は、疾病
の防止、不慮の事故防止等ねこの健康と安全の保持の観点から、屋内飼養に努め
」と定められている
室内飼育が最適な飼養方法であると考えられる

(2)ブラッシング
飼養者によるブラッシングが必要
→自分で毛づくろいすると毛球症の危険性があるため

(3)食事
成長に合わせて食事の量や種類を考慮する。

  • 子猫(1歳未満)
    生後2~4週後を目安に、離乳食を与えはじめる(子猫専用のキャットフードを湯で
    ふやかしたもの。3~4回/日)
  • 成猫(1歳以上)
    成猫用キャットフードを与える(肥満猫には低カロリーで食物繊維が多いものを)
  • 高齢猫
    高齢猫用キャットフードを与える(低脂肪かつ消化がしやすもの)

与えてはいけない食べ物
ドッグフード(猫の必須アミノ酸であるタウリンを含まない

 img_cat005

以上

 

 

 

 


スポンサードリンク