1.フィンチの特徴
  • 分類: スズメ目(60科)のうち、ホオジロ科アトリ科カエデチョウ科ハタオ
    リドリ科の4科に属する
  • 分布: 
    -ホオジロ科(ホオジロ、チャキンチョウなど)・・・オセアニアを除く世界中
    -アトリ科(アトリ、ウソ、セイオウチョウなど)・・・ユーラシア大陸(インドなど一
    部地域を除く)、アフリカや南北アメリカ大陸
    -カエデチョウ科(ジュウシマツ、ブンチョウなど)・・・南北アメリカ大陸を除く熱
    帯から亜熱帯
    -ハタオリドリ科(スズメ、ハタオリドリなど)・・・アフリカ、ユーラシア大陸、アラ
    ビア半島、東南アジアの一部
  • 体型: 基本的にはスズメ型
  • 脚: 三前趾足(第1趾が後方、第2、第3、第4趾が前方に向く)

2.フィンチの飼養環境
  • 寒さに弱い(特に熱帯・亜熱帯産の小型種)ため、なるべく気温差の少ない環
    境を作るように心がける
    →ジュウシマツ、ブンチョウは日本の気候風土に定着しているので、比較的寒
    さに強い
3.カナリアの特徴
  • 分類: スズメ目アトリ科カナリア属
    フィンチであるが独立して扱う
  • 原産: アフリカ西部(カナリー諸島、アゾレス諸島、マデイラ諸島など)
  • 品種: 観賞用の鳥としての品種改良により品種が多い。目的による品種改
    良がおこなわれている


    1)鳴き声(鳴きカナリア)
    2)スタイル(スタイルカナリア)
    3)色彩(カラーカナリア)
4.カナリアの飼養環境
  • 一般的にはカナリア用の庭箱(にわこ)でつがいで飼養
    →ただし、鳴き声を観賞する場合などには鳥籠に雄1羽だけで飼養
    (雄は攻撃的な性質であるので多数を同居させないようにする)
  • 鳥籠であれば35cm角以上
  • 水浴び用の大きな容器を用意する

小鳥

以上

 

 

 

 


スポンサードリンク