1.ニワトリの飼養

(1)ニワトリの特徴

  • 分類: キジ科
  • 原産地: インド南東部
  • 野生のセキショクヤケイを家禽化
  • 脚が非常に強く、地上を歩くのに適している
  • 品種: 食肉用、採卵用、観賞用、闘鶏用など

(2)ニワトリの飼養環境

  • 禽舎での飼養が望ましい
    →10羽程度であれば10㎡が目安
  • 床に乾燥した砂を敷く
    →掃除がしやすく、ニワトリが砂あびをすることができる
  • 夜間寝るための止まり木を設置する

(3)ニワトリの飼料

  • ニワトリ用の配合飼料か、麦、トウモロコシ、籾、米糠などの植物質と、魚粉や蚕
    のさなぎなどの動物質の飼料
    →成長度に合わせた内容の飼料を与える
  • 副食: ボレー粉(カルシウム補給のため)、青菜類(ビタミン類補給のため)
2.アヒルの飼養

(1)アヒルの特徴

  • 分類: カモ科
  • 原産地: ヨーロッパ、アジア、北アメリカ、北アフリカ
  • マガモを家禽化
  • 飛翔能力はない
  • 体型: 胸の深さは深く、腹部には分厚い皮下脂肪がついており、水に浮かびや
    すい
  • 嘴(くちばし): 平たく、両側に櫛状の歯のようなものが一列に並んでいる
    →餌を捕まえたり、そのときに水をその間からふるい落とすのに役立つ
  • 発達した1対の盲腸あり
    →消化酵素で消化しきれない繊維質の食物を細菌によって分解する
  • 水禽: 羽毛の綿羽が特に多く密生して保温効果を高めている。また、防水効果
    に役立つ羽脂腺が発達している
  • 脚: 前向きの三趾の間に水かきあり。後趾(第1趾)は短い

 (2)アヒルの飼養環境

  • 池、金だらいを準備
  • 多数飼養が可能
    →雄1羽に対して雌を複数羽にするとよい

(3)アヒルの飼料

  • 主食: アヒル用、またはニワトリ用の配合飼料
  • 副食: ボレー粉、青菜類など
3.イエバトの飼養

(1)イエバトの特徴

  • 分類: ハト目ハト属(51種)ハト科
  • 原産地: ヨーロッパ、西アジア、北アフリカ
  • 原種: カワラバト
  • ピジョン・ミルク(ハト乳)
    →そ嚢に蓄えられる栄養物。雛の生育に必要
  • 品種: 食用種、飛翔種、行動用種、ショー用種

(2)イエバトの飼養環境

  • 1m角以上の鳥籠、または禽舎

(3)飼料

  • ハト用の混合飼料
  • 飼養者が配合する場合はトウモロコシ、エンドウ豆、マイロ、小麦など
  • 副食: 青菜類、ボレー粉、塩土

 ニワトリ

以上

 


スポンサードリンク