狂犬病とは?

(1)感染経路・症状等

  • 感染経路:感染した動物に咬まれて感染(→全ての哺乳動物が感染)
  • 潜伏期間:1~3ヶ月程度
  • 症状:発症、不安感、興奮、麻痺等の神経症状(→発症後は、ほぼ100%死亡

(2)発症予防

  • 暴露前ワクチン接種(3回接種):研究者、海外旅行者等
  • 暴露後ワクチン接種(被咬傷後、0、3、7、14、30日の5回接種)

(3)発生状況

  • 日本では昭和32年以降、人・犬での国内発生なし
  • 全世界では毎年55,000人以上が死亡(内、アジアが31,000人)
 狂犬病予防法

<目的>
狂犬病の発生を予防し、その蔓延を防止し、及びこれを撲滅することにより、公衆衛
生の向上及び公共の福祉の増進を図る。

<内容>

区分内容対象動物
通常時の措置国内対策・登録:一生に1回(取得後30日以内)
・鑑札の装着

※登録、予防注射の
対象となる犬は
生後90日以上
・予防注射:毎年1回
・注射済票の装着
未登録(鑑札未装着)、未注射(済票未装着)犬の捕獲・抑留措置
侵入防止対策輸出入検疫犬、猫、あらいぐま
きつね、スカンク
発生時の措置届出、隔離、臨時の予防注射、検診等上記+政令で指定
罰則
(主なもの)
・検疫を受けずに犬等を輸入等:30万円以下の罰金
・未登録・未注射等:20万円以下の罰金

 ブルドッグ

以上

 


スポンサードリンク