1.からだの成り立ち

(1)細胞

からだを構成する最小単位は細胞である。細胞にはさまざまな種類があり、大きさや
形も異なるが、基本的構造はどれも同じで、遺伝情報(遺伝子)を蓄えている、細胞
を包んでいる細胞膜、各種活動を担っている細胞小器官がある。

<細胞小器官の構造と働き>

 構造上の特徴主な働き
ふつうは直径5~10マイクロメートルの球状体
で、1細胞に1個存在する。多数の穴(核膜孔)
を持つ二重の膜(核膜)で包まれ、染色質
(糸状の染色体)・核小体・核液を含む。
染色質はDNAとたんぱく質でできている。
細胞全体の代謝を調節、支配している。
DNAは遺伝子の本体である。
細胞膜暑さ8~10nm(ナノメートル)細胞への物質の出入りに関係している
細胞小器官ミトコンドリア粒状または糸状で、内外二重の膜に包まれている。
内膜は内部に突出し、ひだ状になっている(クリ
ステ)。1細胞に数百~数千個存在している
ATP(アデノシン三リン酸)を生産する
場。クエン酸回路や電子(水素)伝達系
はここにある
小胞体たくさんの長い袋が相互につながって網目のよう
に広がっている。複雑な膜構造で核膜ともつな
がっている。リボソームが付着している粗面小胞
体と、リボソームが付着していない滑面小胞体と
がある。
物質の合成(主にたんぱく質と脂質)と
輸送
ゴルジ体平たい円盤状の袋が重なってできており、小胞(ゴ
ルジ小胞)を伴っている
小胞体から運ばれてきた物質に変化を
加え、他の場所へ運搬する(細胞外へ運
ぶ場合が分泌)
リソソーム各種の加水分解酵素を含む一重膜の小さな水泡細胞外から取り込んだ大きな分子や、
不要になった細胞小器官などを分解す
る(細胞内消化)
中心体棒状の2個の中心粒(中心小体)からなる
細胞分裂のときに両極に分かれて染色
体の分裂に関係する
リボソームRNAとたんぱく質からなるだるま形で、直径15
~20nmの小体。小胞体の表面に付着している
核からの情報によってたんぱく質を合
成する

 (2)組織

同じような働きを持つ細胞が集まり、特定の配列に並んで組織を形成している。

  • 上皮組織: からだの表面や器官の内外をおおって内部を保護したり、吸収や分泌
    外部からの刺激をキャッチするなどの働きをする。細胞が密接して並び、血管はと
    おっていない
  • 結合組織: 各組織や器官の間を埋め、つなぎ合わせる組織。骨組織や軟骨組織
    のような、からだの支柱になる固形のものから、血液やリンパ液など液体性のもの
    まで、さまざまな形のものがある
  • 筋肉組織: 自分の意志によって動かすことのできる骨格筋と、意志にかかわらず
    動く心筋平滑筋に分けられ、からだや内臓の自動運動を営む。筋肉細胞は、細長
    い線維状をしていることから、筋線維ともよばれる
  • 神経組織: 中枢神経(脳・脊髄)と、全身にはりめぐらされた末梢神経を構成する
    組織

(3)器官

いくつかの異なる組織が集まって、一定の形と働きを持った器官が形成される。
機能的に共通性がある器官が器官系をつくり働く。

  • 皮膚系: 皮膚、毛、爪
  • 神経系: 脳、脊髄、運動神経、感覚神経
  • 感覚器系: 目、耳
  • 骨格系: 頭骨、脊椎骨、四肢の骨
  • 筋肉系: 骨格筋、心筋
  • 循環器系: 心臓、血管、リンパ管
  • 泌尿器系: 腎臓、膀胱
  • 生殖器系: 卵巣、精巣
  • 消化器系: 胃、小腸、大腸、肝臓
  • 呼吸器系: 肺、気管
  • 内分泌系: 甲状腺、副腎、脳下垂体
2.からだを包むもの
  • 皮膚: からだを包み、外界の刺激などから保護する。
    物質の出し入れ(汗による水や老廃物の排出など)、汗の蒸発による体温調節、痛
    みなどに対する皮膚感覚などの機能を持つ
  • 粘膜: 組織や器官の内面をおおい、常に粘液の分泌によって湿り気を保つ
  • : 哺乳類だけにみられ、保温や皮膚を保護する防具となるだけでなく、顔面部
    にある一部の毛(猫のひげなど)は感覚器にもなっている
  • : 人など多くの霊長類の爪は扁平な平爪、それ以外の動物の爪は鋭くとがった
    鉤(かぎ)づめである(ウマやシカなど有蹄類の爪は「蹄(ひづめ)」とよばれる)
  • 肉球: 犬や猫などにあり、歩行の際に地面からの反動を軽くするクッションの役割
    を果たす
  • 皮膚腺
    皮脂腺・・・皮脂を分泌し、毛の防水性を高めるとともに、フェロモンとして機能する
    汗腺・・・汗を分泌する腺で、毛根に開口してにおいのある粘性の汗を分泌する大
    汗腺(アポクリン腺)と小汗腺(エクリン腺)の2種類がある
3.からだを支え、動かす
  • 骨格: からだを支持する構造であり、多数の骨から組み立てられている。組み立て
    部は可動性の関節となっているので、それに付着する筋肉によって動かすことがで
    き、さまざまな運動が可能となる
  • 筋肉
    随意筋(自分の意志で動かせる)・・・骨格筋は骨格に付着し、運動をおこなう
    不随意筋(自分の意志とは関係なしに動く)・・・平滑筋(消化器などの臓器や血管
    壁の筋肉)心筋(心臓を動かす筋肉)がある

立ち上がるレッサーパンダ

以上

 


スポンサードリンク