1.初めて犬を迎え入れる
  • 犬にとって安全で安心できる環境を準備する
    →危険なものはあらかじめ取り除いておく
  • 犬を初めて迎え入れる時間は、午前中が望ましい
    →新しい環境に慣れるまでの時間が長くとれるため
  • 新しい環境にゆっくりと慣れさせ、過度なスキンシップを避ける
  • 時期を見て動物病院で健康診断をしてもらう

2.毎日の生活
  • スキンシップ: 声をかけたり、名前を呼んだり、なでたりしながらスキンシップを
    図り、信頼関係を築くようにする→適切な回数、方法に注意
  • 食事: 成長に合わせて食事の量や種類を考慮する。与えてはいけない食物に
    注意(ネギ類、ニラやニンニクなど)
  • : 常に新鮮なものを用意する
  • トイレのしつけ: トイレでの排泄を根気よく教える。そそうをしても叱らない
  • 散歩
    -季節に合わせて散歩の時間を調節する(夏は涼しい時間、冬は暖かい時間と
    するなど)。
    -主導権は必ず飼い主が持つ。
    -排泄後は飼養者のマナーを守って始末する(排尿は水で洗い流す、排便は持ち
    帰るなど)
3.日ごろの手入れ
  • ブラッシング: 美容上だけでなく、健康管理上も大切である
    →被毛に付着した汚れを取り除き、間近に個体観察できるため、ノミ・ダニなどの
    存在や皮膚病、その他の病気の早期発見にも役立つ
  • シャンプー: 犬用のシャンプーを使用して、月に1、2回を目安におこなう
  • 爪切り: 深爪や爪にとおっている血管を切らないように注意
  • 歯磨き: 犬用の歯ブラシや人の指にガーゼを巻きつけて、毎日おこなう
  • 耳そうじ: 脱脂綿や綿棒などで汚れをふきとる

 犬小屋の犬

以上

 

 

 

 


スポンサードリンク