1.新生子期(生後0日~30日)
  • 生後10日ごろ: 目と外耳道が開く
  • 生後20日ごろ: 少しずつ歩行を始める
  • 生後30日ごろ: 歩きまわるようになる
  • 食事はこまめに分けて与える(→消化機能が未発達であるため)

2.幼年期(生後30~90日)
  • トイレのしつけをはじめる
  • 離乳食に切り替えていく(→生後60日を目安に成猫と同じ固さのものに)
3.少年期(生後90日~6ヶ月)
  • 生後90日ごろから爪とぎを始める
    (→爪とぎ板を1個ではなくいくつか用意する)
4.青年期(生後6ヶ月~1年)
  • 雌: 生後7~10ヶ月で、最初の発情期を迎える
  • 雄: 生後6~10ヶ月で、繁殖行動が可能になる

→繁殖が必要なければ不妊・去勢手術を考慮する

5.成年期(生後1年~10年)
  • 生活習慣病に注意が必要
6.高齢期(生後10年以上)
  • 老化現象が見られはじめる(→視力や聴力の衰え、睡眠時間の増加、動作が鈍くなる
    など)
  • トイレの個数を増やし、行きたいときにすぐに行けるようにする
  • 食事はやわらかくして与える

 猫

以上

 

 

 

 


スポンサードリンク