1.チンチラの特徴
  • 齧歯(げっし)目ヤマアラシ科
  • 生息地: アンデス山脈の西の山麓領域
    →標高が高く、非常に寒く乾燥した山岳地帯
    -体温を守る力(暖かい毛皮)

    高山を飛び回るジャンプ力
    乏しい食物と水で生きられる力
  • 食性: ほぼ完全草食性(ときに昆虫も食べる)。盲腸便の食糞習性あり
  • 歯: 計20本。黄色。切歯、臼歯ともに伸び続ける
  • 繁殖: 季節性あり(交尾:晩秋→出産:早春)。ただし飼養下では年間を通じて
    妊娠の可能性あり。妊娠期間111日

2.チンチラの飼養環境
  • 温度: 10~15℃が適温→25℃を超えると熱中症などにより具合が悪くなる
  • よくかじる習性、運動量などを考慮して、金属製の広いケージが望ましい
    →2m×1m程度の床面積が必要とされる
3.チンチラの食事
  • チンチラフード干し草を与える
    →高繊維、低栄養である食物に適応しているため、高栄養な食物は避ける
  • 水は自由に飲めるようにする
4.チンチラとの接し方
  • 尾は根元以外の部分をつかんではいけない
    →不用意に引っ張ると尾骨を残して抜けてしまうおそれがあるため
  • 毎日砂遊びをさせる10~15分程度とし、長時間は避ける
    砂の中で転げ回ることで、毛の汚れや脂分を除去し、グルーミング衝動を満足さ
    せる

※参考:チンチラの生理データ

  • 心拍数: 100~150回/分
  • 呼吸数: 40~80回/分
  • 体温: 38度前後

 チンチラ

以上

 

 

 

 


スポンサードリンク